オーディオウィザードで音楽を思うがままにコントロールしよう!(Zenfone4レビュー)

Zenfone4のオーディオウィザードとは

Zenfone4、Zenfone4 selfie proはカメラ性能に特化していますしフューチャーされているのですが、実はZenfone4シリーズには密かにSIMフリースマホの枠を超えた性能があります。
それがオーディオウィザードによる設定とハイレゾ対応です。

ハイレゾとは

一般的にハイレゾオーディオとは、「High(高い) Resolution(解像度)」の音源を指し、CD(44.1kHz/16bit)を超える高音質オーディオの総称です。
代表的な形式にWAVやFLACなどが有名です。

Zenfone4は前作Zenfone3に引き続きSIMフリー(格安スマホ)と呼ばれるスマホの中でも珍しいハイレゾ対応のスマホです。
SIMフリースマホで対応しているのは「Xperia XZ Premium SO-04J docomo(ソニー)」、「AQUOS R SH-03J docomo(シャープ)」、「Galaxy S8+SC-03J docomo(サムソン)」などのSIMロックフリーが必要な機種か、一部の音楽に特化したスマホしかありませんので【Zenfone4】は貴重ですね。

Androidは現在Google Play Musicに音楽再生アプリが採用されていますがオーディオについてはイコライザー(音質補正)さえついていません。
しかしZenfone4にはオーディオウィザードというアプリがプリインストールされていますので、思うようなサウンド設定が可能です。

オーディオウィザードで設定してみる

Zenfone4の設定→音とバイブレーション→オーディオウィザードで設定画面に入る。

この画面では聴きたい音楽のジャンル別に設定してあるので音楽を実際再生しながら視聴しつつ好みの音質を探すことができ、さらに右上のDTSサウンドステージ設定画面で臨場感ある音に設定できます。

これはイヤホンや、ヘッドホンで音楽を聴いたときにDTS(Digital Theater Systems)映画館にも採用されているこのサウンドシステムで前面から聞こえるようにしたり、自分を中心に周りから音が聞こえるように設定できます。
これは音楽だけではなく、映画やゲームをプレイする際にも適用されていますので、ぜひ音楽を聞かない方も設定されるのをオススメしたいですね。

さらにオーディオウィザードを使いこなしていく

オーディオウィザードよりさらにもっと細かく設定されたい方はパーソナルオーディオプロファイル設定ができます。
この設定によりいくつかのヘッドホンやイヤホンのプロファイル設定を保存しておくことができ、その場に合わせた音質で、音楽を聴くことができます。

方法は画面右上のヘッドホンのアイコンをタップ→リスニングプロファイルをタップ

この画面で指示に従って低調から高調まで設定。

設定が終わるとこちらで音楽を再生確認して保存。

これで終了です!非常に簡単で直感的に設定できます。

注意しないといけないポイントを解説

Zenfone4はハイレゾ対応ですが、付属のZenEarイヤホンはハイレゾではありません。
このイヤホンは付属品とは思えないくらい、いい音を聞かせてくれるのですが、残念ながらハイレゾに対応できません。
ただしASUS shopでも販売しているZenEarSならハイレゾに対応しています。

実際にハイレゾ音源(FLAC)の音楽をオーディオで調整し、ZenEarSで聞いてみましたがこれは本当にすごいです.
もし音楽ファンの方でしたらこれは必聴ですよ。